栃木県さくら市の銘木資材・オリジナル家具販売店 高橋銘木店 各種銘木、木材、木製家具・小物をお探しの方は是非高橋銘木店へ

栃木県さくら市にて、銘木等の資材やそれらを加工して家具や小物などの販売も行っております。
また、各種日曜大工のアドバイスや、加工依頼等も行っております。
その他、銘木や木材に興味がある、 とにかく木が好き、一生モノの家具を探している、などなど、どうぞお気軽に遊びに来て頂ければ幸いです。
工場・アトリエは基本的に開放しておりますので、ご興味のお有りの方は、高橋銘木店までお気軽にいらして下さい。
※訪問の際には、事前にご連絡願います。
2014年はうま年という事で…


PCの写真フォルダの中にある馬年にちなんだ写真を探してみたところ、残念ながらこんなのしかありませんでした。写真は、以前、仙台に遊びに行った時に、『あっこの馬…お尻のライン綺麗…』って思い、思わず激写した一枚です。

('З')<UMA

あっ遅ればせながら、皆々様、新年あけましておめでとうございます。
2014年も私0号は、ここ高橋銘木店ブログにて、一人明後日の方向に突き進んでいこうと思いますので、どうぞ、生ぬるい目で見守っていて頂ければ幸いです。

('З')<UMA

私、個人的な事では御座いますが、2014年は、色々新しい事にチャレンジする1年にしたいと、昨年半ばくらいから考えておりました。ここ、高橋銘木店ブログでも、見て下さる方々に、銘木達以外にも、せっかくじゃ〜何か一つでも楽しんでいってもらえるよう、現在、アンダーグランウンドで、こそこそと計画を遂行しております。楽しみにしていて下さいね('З')<まじ、すげ〜から…多分

('З')<KUMA

ブログにいらして下さった皆様の、今年一年のご健康とご活躍、あと、ちょろっと商品を買ってくれたりしたらい〜な〜っと願っております。

2014年も、高橋銘木店ブログ、0号共々、何卒、よろしくお願い致します。

('З')<UMA

(※'З')<上の記事には、一つだけ間違いがあるよ!探してみてね。


以上0号の投稿でした。



〜高橋銘木店のご紹介〜
栃木県さくら市にて、銘木等の資材やそれらを加工して家具や小物などの販売も行っております。
また、各種日曜大工のアドバイスや、加工依頼等も行っております。その他、銘木や木材に興味がある、
とにかく木が好き、一生モノの家具を探している、などなど、どうぞお気軽に遊びに来て頂ければ、
幸いです。工場・アトリエは基本的に開放しておりますので、ご興味のお有りの方は、お気軽にいらして下さい。
※訪問の際には、下記ご連絡先より事前にご連絡下さい。
高橋銘木店 ご連絡先
電話:028-682-1659(受付時間 8:00〜18:00)
mail:t-meiboku@tochigiweb.com
住所:栃木県さくら市氏家3471-31(周辺マップはこちら
| 高橋銘木店外伝 | 13:39 | comments(0) | - | pookmark |
銘木黒柿『クロガッキー物語』 第三章 新たな決意、そして…〜未来編(完結編)〜


最初から読みたい方はこちら

そうして、一族の代表として、新たに名もない渋柿から、銘木黒柿としてあたくし、ここ高橋銘木店さんでご厄介になるわけで御座いやすが、杉や檜、ポプラさんなどの銘木の兄さん達と違って、あたしら黒柿ってぇやつは、元来身体の小さいもんで御座います。床柱や梁などには、憧れはすれども、サイズ的に到底無理があるんで御座いやす。

元々が小さい身体なのに、紋様が入ったところってのがまた限られたとあっては、そりゃ〜もう大きな物にはなれやしません。まっそれ故、希少価値ってやつですか?人間様に貴重とされている訳でもありやすが。

希少価値と言えば、ゴルフクラブのウッドってぇやつに使えるってことで、多くの仲間達が駆り出されていったりもして、更に希少価値が高まったって話も聞いたことが御座いやす。

そこで、我々の行きつく先は、小さい製品に限られているんで御座いやす。一族の皆が憧れるのは、茶器や、花台、盆、皿、書箱あたりと相場が決まっておりやす。私も、いつの日にか、京都あたりで、どこそかのお花の先生宅の立派な花台になって、綺麗なお花と一緒に、いつまでも旦那さんに愛でられる…そんな日々を夢見た日もありやした。

しかし、ここ高橋銘木店さんに来て、少し変わってきたんで御座いやす。

高橋銘木店の若旦那さんが、今までは、前述したような茶器や花台、盆などといった、言わば黒柿の定番っといった活用方法ではなく、アクセサリーに加工して、若い人にも、銘木の素晴らしを知ってもらえるよう日々、試行錯誤をなさってるのをあたくし見ちゃったんでやす。

普段は、サラリーマンとして、お外で、多忙な日々を送っているので、作業できるのは、寝るまでの限られた時間やお休みの日となりやす。当然、夜遅くまでかかることも多々ありやす。何かね、そんなお姿がね。けな気というか、あたくしも結構な苦労人でございやす。渋柿って事で、忌み嫌われてきたじゃ御座いやせんか。昔の記憶と重なるって言うか、何か応援してやりたくなるんで御座いやす。

確かに、黒柿として、立派な紋様を背負ってきたあたくしには、先ほど言った様な、花代やお盆などとして生きてく道もある訳で御座いやす。仲間達も、『何もそんな先の見えない事に挑戦せずとも、安定した人気の定番物でいいじゃないか?』などと諭してくれやすが、あたくしの決意は、もう決まっておりやす。

 銘木黒柿『クロガッキー』

 一世一代の大博打

 裏目を引いても恨みなし

 表が出るまで続けりゃいい

 いつの日にか、皆様の

 お胸に輝く、あたくしが

 瞳を閉じれば鮮明に

 マブタの向こうに広がりやす

歌人 銘木黒柿『クロガッキー』


かくして、クロガッキーはネックレスの一部になり、世の中に旅立っていったのです。
いつの日にか、皆様のお胸を彩る立派なアクセサリーになれる日を夢見て…。


以上2号の投稿でした。




〜高橋銘木店のご紹介〜
栃木県さくら市にて、銘木等の資材やそれらを加工して家具や小物などの販売も行っております。
また、各種日曜大工のアドバイスや、加工依頼等も行っております。その他、銘木や木材に興味がある、
とにかく木が好き、一生モノの家具を探している、などなど、どうぞお気軽に遊びに来て頂ければ、
幸いです。工場・アトリエは基本的に開放しておりますので、ご興味のお有りの方は、お気軽にいらして下さい。
※訪問の際には、下記ご連絡先より事前にご連絡下さい。
高橋銘木店 ご連絡先
電話:028-682-1659(受付時間 8:00〜18:00)
mail:t-meiboku@tochigiweb.com
住所:栃木県さくら市氏家3471-31(周辺マップはこちら
| 高橋銘木店外伝 | 12:23 | comments(0) | - | pookmark |
銘木黒柿『クロガッキー物語』 第二章 今、ありのままの自分で〜現在編〜


最初から読みたい方はこちら

長年、人間様に忌み嫌われてきた、我々の特徴でもある渋みが、いい具合に、紋様の様な柄を作り上げ、食べるにはあれだけど、木材としては、それはそれは重宝されるんだそうです。

しかし、渋柿だから、だれもかれもが、その紋様があるわけではありやせん。

何でも、数千本に一本とか、そんな奇跡のような確率のお話なんだそうです。

だから、運良く、美しい紋様を持つ事ができたやつは、大勢の仲間の代表としての責任も生まれてくってもんです。苦労を分かち合った、兄弟達、仲間達の分まで、活躍していかなくてはならんのです。

更に、その選ばれた渋柿の中でも、更に貴重とされるのが、孔雀紋様(孔雀杢)と呼ばれる紋様が現れた者です。ちなみにあたくし、それ現れちゃってやす。お恥ずかしい限りでは御座いやすが。

その他に、玉紋様(玉杢)やこぶ紋様(こぶ杢)や、網紋様(網杢)など様々な珍しい紋様もあり、それらもやはり人間様には、大変貴重な物とされているようで御座いやす。

貴重、貴重と申しましたが、一体全体、どれほど貴重なんだと言われますと、これがまた表現するのが難しいところでは御座いやす。数千本に一本程度しか現れない紋様が、更に、偶然、人間様の好みの紋様として現れた物なんで、貴重というか、そうやすやすお目にかかれるもんでもないってのは、お分かりいただけるんじゃないでしょうか。ダイヤモンドって言ったら語弊が御座いやすが、あたくし自身は、引けをとらないって自負してはおりやす。

それ故、ほんと好きな旦那さん、ま〜つまり人間様には、一部熱狂的な方もおられますね。中には、日本全国探し回っておられる旦那さんもいらっしゃるくらいで御座いやす。ほんと我々にしてみたら黒柿冥利に尽きるってやつでさ。

とは言え、ここ数十年は、年配の方達の、ちょっと余裕がある方なんかの、高尚なご趣味って感じであった訳ですが、近年では、若い方の中でも、お好きな方がおられるようで、あたくしも大分長い事、この世の中ってやつを見てきたつもりで御座いやすが、変わってきたもんだな〜などと思っている今日この頃で御座いやす。

第三章 新たな決意、そして…〜未来編〜へ続く


以上2号の投稿でした。



〜高橋銘木店のご紹介〜
栃木県さくら市にて、銘木等の資材やそれらを加工して家具や小物などの販売も行っております。
また、各種日曜大工のアドバイスや、加工依頼等も行っております。その他、銘木や木材に興味がある、
とにかく木が好き、一生モノの家具を探している、などなど、どうぞお気軽に遊びに来て頂ければ、
幸いです。工場・アトリエは基本的に開放しておりますので、ご興味のお有りの方は、お気軽にいらして下さい。
※訪問の際には、下記ご連絡先より事前にご連絡下さい。
高橋銘木店 ご連絡先
電話:028-682-1659(受付時間 8:00〜18:00)
mail:t-meiboku@tochigiweb.com
住所:栃木県さくら市氏家3471-31(周辺マップはこちら
| 高橋銘木店外伝 | 12:22 | comments(0) | - | pookmark |
銘木黒柿『クロガッキー物語』 第一章 辛く苦しい日々〜過去編〜


あたくし、名を黒柿の『クロガッキー』と申します。

遡ること、今より1300年、東北地方の雪深い地域で、幼少期を過ごしました。
しかし、私を含め、仲間たちもみんな、体は丈夫な方では御座いません。
一番大きなやつでも、せいぜい直径にして1m程度。
ほんと、あのころは苦労かけたぜ、母ちゃん。

我々、柿の木ってやつは、大きく分けて2種類あります。

一つは、人間様が大好きな甘柿。

そして、もう一つが人間様が嫌いな渋柿。
あたくしも、渋柿でございやす。

甘柿の連中は、人間以外にも、たくさんの動物や鳥達にちやほやされて育っていきます。そりゃ〜そ〜でございやすよ。だって甘いもん。そして美味しいんですもん。そこいくと、あたしら渋柿ってやつはどうにも要領が良くないというか、愛想がないというか…そろいもそろって渋いったらありゃしない。

そんな理由もあり、甘柿は人間様に大事に育てられ、我々渋柿は、大変厳しい青春時代を送らなくてはならないんで御座いやす。多くの仲間達が…。それはもう、ほんと涙なくては語れないような日々でありやした。

しかし、そんな冷遇され続けてきた我々渋柿にも、いつか、日の目をみるチャンスが巡ってきやす。ただし、長い年月…そりゃ〜もう、数百年にも及ぶ長い年月、歯を食いしばって、成長を続けてきたやつだけに与えられるチャンスでありやす。ちゃんとお天道様は見ててくれるもんです。

そりゃもう一世一代の大出世のチャンスがやってくるんでさ。

第二章 今、ありのままの自分で〜現在編〜へ続く


以上2号の投稿でした。



〜高橋銘木店のご紹介〜
栃木県さくら市にて、銘木等の資材やそれらを加工して家具や小物などの販売も行っております。
また、各種日曜大工のアドバイスや、加工依頼等も行っております。その他、銘木や木材に興味がある、
とにかく木が好き、一生モノの家具を探している、などなど、どうぞお気軽に遊びに来て頂ければ、
幸いです。工場・アトリエは基本的に開放しておりますので、ご興味のお有りの方は、お気軽にいらして下さい。
※訪問の際には、下記ご連絡先より事前にご連絡下さい。
高橋銘木店 ご連絡先
電話:028-682-1659(受付時間 8:00〜18:00)
mail:t-meiboku@tochigiweb.com
住所:栃木県さくら市氏家3471-31(周辺マップはこちら
| 高橋銘木店外伝 | 12:21 | comments(0) | - | pookmark |
卓球のラケット、作ってみました。


まだ、ラバーを張ってもいませんし、作りかけのものですが、卓球のラケットになる予定です。
社長のお孫さんが、卓球部ということで作ってみたそうです。
喜んでもらえるといいですね。


以上3号の投稿でした♪


〜高橋銘木店のご紹介〜
栃木県さくら市にて、銘木等の資材やそれらを加工して家具や小物などの販売も行っております。
また、各種日曜大工のアドバイスや、加工依頼等も行っております。その他、銘木や木材に興味がある、
とにかく木が好き、一生モノの家具を探している、などなど、どうぞお気軽に遊びに来て頂ければ、
幸いです。工場・アトリエは基本的に開放しておりますので、ご興味のお有りの方は、お気軽にいらして下さい。
※訪問の際には、下記ご連絡先より事前にご連絡下さい。
高橋銘木店 ご連絡先
電話:028-682-1659(受付時間 8:00〜18:00)
mail:t-meiboku@tochigiweb.com
住所:栃木県さくら市氏家3471-31(周辺マップはこちら
| 高橋銘木店外伝 | 11:13 | comments(0) | - | pookmark |
高橋銘木店外伝-謎のマイデスクと嫁(前編)
午前中の仕事を終え、お昼にしようかと、ふっと手を止めたその時。

マイデスクに何か、得も知れぬ違和感を覚えた。

『何かがいつもと違う…』

その違和感を払しょくするために、机を改めて見回してみる。
そして、この何とも言えない違和感の正体が、ついに判明したのだ。



























何だこれ??

私のデスクの上に、いつの間にやら飾られていた変な人形。

どうやらワインのコルクでできているようだ。

しかし、それにしたって、あまりにもひどい出来だ。コンセプトがまるで見えないじゃないか。それよりも何よりも、なぜ私の、言わば神聖な仕事場であるマイデスクの上に飾られているのか?食卓やどっかの棚の上にちょこんと置いてあるならまだしも…私に一言も断りもなしに、そしてこっそりと仕事机に置かれたこいつの意味とは…

後半に続く('З')<後半はこっちda


以上0号の投稿でした。



〜高橋銘木店のご紹介〜
栃木県さくら市にて、銘木等の資材やそれらを加工して家具や小物などの販売も行っております。
また、各種日曜大工のアドバイスや、加工依頼等も行っております。その他、銘木や木材に興味がある、
とにかく木が好き、一生モノの家具を探している、などなど、どうぞお気軽に遊びに来て頂ければ、
幸いです。工場・アトリエは基本的に開放しておりますので、ご興味のお有りの方は、お気軽にいらして下さい。
※訪問の際には、下記ご連絡先より事前にご連絡下さい。
高橋銘木店 ご連絡先
電話:028-682-1659(受付時間 8:00〜18:00)
mail:t-meiboku@tochigiweb.com
住所:栃木県さくら市氏家3471-31(周辺マップはこちら
| 高橋銘木店外伝 | 12:26 | comments(0) | - | pookmark |
高橋銘木店外伝-謎のマイデスクと嫁(後編)
嫁の謎の行動と、この不可解な人形に私は正直動揺をしていた。

しかし、考えていても仕方がない。夫婦と言っても、所詮は元々は赤の他人。完全に分かり合えることなどないのだ。この何とも不可思議な現象も、6時を過ぎた頃に帰ってくる嫁に聞いてみれば、すべての謎はとけるのだから。

そう自分自身に言い聞かせ、何とか混乱気味の頭を落ち着かせようと、椅子の背もたれに寄りかかり、深く息を吐いたその時、再び私に戦慄が走った…






















デスクの端にセロハンテープで雑に貼り付けられた一枚の写真。

そこに写っていたのは、某シーワールドのゾウアザラシのたっくんだった。

なぜ、こんなところに写真が。

いや、待て。そもそも、このたっくんのベストショットは何だ。
長年たっくんを見てきた私にすら見せたことのないこの無防備な姿。
何とも愛らしく、けどちょっと可笑しく、それでいて、どこか哀愁すら感じさせる…。

いやいや、違う違う。そうじゃない。そもそもなんでこんなところにたっくんの写真が。

これはメタボの私に対する嫁の言葉のない警告か。はたまた何かのメッセージか。

あの謎の人形といい、たっくんの写真といい、全くもって不可解な…。

『ワイン、コルク、カモシー、デスク、たっくん、ゾウアザラシ、仕事場、メタボ、肉、嫁…』

私は混乱する頭を整理するかの如く、目の前に突如現れた謎な事象を只々並べてみた。

しかし、点在するそれらは、一つの線で繋がることはなく、ただただ時間だけが過ぎていった。

もう、こうなっては仕事も全く手がつかない。忘れようとすればするほどに、頭の中に新たな疑問が次、次と浮かんでくる。

『だめだ。仕事になりゃしない。嫁に電話で聞いてみよう』

私は、手許にあった携帯電話に手を伸ばした。

『ん?メールが来てるぞ』

携帯の画面には、メールを受信したマークが。
どうやら、メールの受信に気が付かなったようだ。

携帯電話をポチポチやって受信メールを確認、送り主は嫁のようだ。

メール『机見た?可愛くない?部屋の模様替えをしていたら、色々出てきたので、○○(私)のデスクに飾っといてあげたから。PS今夜はカツカレーです。じゃあまたね〜』

謎は、すべて解けた。要は単なる嫁のいたずらだったようだ。

しかし、謎の解消の喜びなど今の私には、もはやどうでもよい事なのだ。

それよりも、『今夜はカツカレー』という事実だけで気分はウキウキ、テンションはぶち上がり気味。当然、仕事など手につくはずはない。

『よし、今晩はご飯5合炊いちゃおっと♪』

そんな感じで、今日も平和に0号家の日々は過ぎていくのでした('З')<ちゃんちゃん


以上0号の投稿でした。



〜高橋銘木店のご紹介〜
栃木県さくら市にて、銘木等の資材やそれらを加工して家具や小物などの販売も行っております。
また、各種日曜大工のアドバイスや、加工依頼等も行っております。その他、銘木や木材に興味がある、
とにかく木が好き、一生モノの家具を探している、などなど、どうぞお気軽に遊びに来て頂ければ、
幸いです。工場・アトリエは基本的に開放しておりますので、ご興味のお有りの方は、お気軽にいらして下さい。
※訪問の際には、下記ご連絡先より事前にご連絡下さい。
高橋銘木店 ご連絡先
電話:028-682-1659(受付時間 8:00〜18:00)
mail:t-meiboku@tochigiweb.com
住所:栃木県さくら市氏家3471-31(周辺マップはこちら
| 高橋銘木店外伝 | 12:25 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |
高橋銘木店のご紹介

〜高橋銘木店とは?〜
栃木県さくら市にて、銘木等の資材やそれらを加工して家具や小物などの販売も行っております。また、各種日曜大工のアドバイスや、加工依頼等も行っております。その他、銘木や木材に興味がある、とにかく木が好き、一生モノの家具を探している、などなど、どうぞお気軽に遊びに来て頂ければ、幸いです。工場・アトリエは基本的に開放しておりますので、ご興味のお有りの方は、お気軽にいらして下さい。
※訪問の際には、下記ご連絡先より事前にご連絡下さい。

高橋銘木店 ご連絡先
電話:028-682-1659(受付時間 8:00〜18:00)
mail:t-meiboku@tochigiweb.com
住所:栃木県さくら市氏家3471-31(周辺マップはこちら
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
お問い合わせ
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode